« チオビタドリンクと郷愁 | トップページ | 新学期の憂鬱 »

2009年4月 5日 (日)

満開の桜の木の下には

桜の見ごろは今週末かな。ということで、桜の花をめでる旅にでかけました。といっても、往復四時間の近所の桜を巡る徒歩旅行ですが、、。

中央公園から、弘明寺公園、弘明寺観音、弘明寺商店街を抜けて、大岡川沿いの桜並木を眺めてきました。

どこに行っても、花見に集まった人・人・人。いったいどこからこれだけ大勢の人が湧いて出たのだろうと、人波に押されるようにして歩きながら、満開の桜には、人を高揚させ、魅了する不思議が力があるなと思いました。

私が学生時代に好きだった梶井基次郎という作家の「桜の樹の下には」という短編小説に、「桜の樹の下には死体が埋まっている。これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。」という一節があります。死体のエネルギーを吸い上げて、咲き誇る満開の桜の美しさ、、おどろおどろしく妖しく幻想的なイメージです。

一方、私たちは詩的な世界から遠く離れて、満開の桜の木の下、のんきにイチゴ飴にりんご飴、広島風お好み焼きなどをぱくつきながら散策を楽しみました。しかし、りんご飴にかぶりついていた娘の歯の矯正装置が飴にくっついて外れてしまいました。明日は病院行きです。 矯正中の方、りんご飴は歯にくっつきやすいので、くれぐれも気をつけてくださいね。

弘明寺観音では花祭りが行われていました。花祭りとは、お釈迦様の降誕(実際は4/8)を祝うお祭りです。無病息災を願って甘茶をお釈迦様にかけます。005_2








006岡川沿いの桜並木。
  







イチゴ飴とりんご飴。
007_3

 






堤防から生えていたど根性桜。
008_2
 
       

   

« チオビタドリンクと郷愁 | トップページ | 新学期の憂鬱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の桜の木の下には:

« チオビタドリンクと郷愁 | トップページ | 新学期の憂鬱 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ